ページガイド
トップページ » 施工例 » 施工例 916 ウッドデッキ(セランガンバツ)

施工例

施工例 916 ウッドデッキ(セランガンバツ)

登録日付 2024/05/16 (木) 21:22
投稿ユーザー みき
分類 ウッドデッキ セランガンバツ
図面有無 なし
概算費用 ¥700,000

18年前に作成したウッドデッキの再作成となりました。前回はWRCでしたが今回はセランガンバツでの作成となります。パーゴラの桟(WRC)の取り付けをしまし完成しました。サイズは横7.5m x 奥行2.5mとなります。塗装はオリジナル塗料の匠・マホガニーブラウンを使用しています。ヤスリ掛けした後2度塗りしています。床材は105mmx30mmを使用しました。束石の間隔が1mほどあるので床材のたるみを出したくなかったので20mmではなく30mm厚としました。

  • イメージ 拡大表示する

    すべてセランガンバツで作成予定でしたがパーゴラの桟(垂木)はWRCとしました。重さと比較的取り換えは楽なことが理由です。塗料の色は家のサッシの色と合っていて気にっています。

  • イメージ 拡大表示する

    前回の束石はそのまま流用して、束柱のレベル出しを行っています。レベル出しは安価なレーザー墨出し器と水糸を使用して行いました。束石だけでレベル出しは素人には難しいので束柱で合わせた方楽だと思います。

  • イメージ 拡大表示する

    6本の支柱を立てて当て木で固定します。前回のWRCでは束石の金具の羽根で固定しただけで作成を進めることができましたが、セランガンバツは重量があるので当て木で補助しました。

  • イメージ 拡大表示する

    根太、大引きを設置した後、フェンス用の笠木を設置しました。床材を張っていきます。床材は30mm厚を約70本使用しています。

  • イメージ 拡大表示する

    床材と幕板を張って、パーゴラ用の桁を取り付けました。1人作業なので桁の取り付けは、補助具を作成して作業中に落下しないように注意しながら作業しました。

只今
ご注文&ご決済 頂きますと

07月23日(火)

出荷可能です

※商品や状況により異なります

日本地図
出荷後、到着までの目安
関東1~2日
九州・北海道・東北4~5日後到着
その他2~3日後到着

個人邸
長さ2200mm以上含む場合+2日

直行便情報

07月26日(金) - 神奈川便

07月26日(金) - 山梨便

07月27日(土) - 埼玉便

07月27日(土) - 山梨便

08月02日(金) - 山梨便

08月02日(金) - 神奈川便

08月03日(土) - 静岡便

08月03日(土) - 東京便

08月09日(金) - 山梨便

08月09日(金) - 東京便

DIYサポート