11月22日(水)12:00迄に
ご注文&ご決済 頂きますと

11月22日(水)
出荷可能です

※商品や状況により異なります

日本地図
出荷後、到着までの目安
関東次の日到着
九州・北海道3日後到着
その他2日後到着
  • 売れ筋ランキング
  • 新着バーゲン情報
  • 新商品情報
  • ウエスタンレッドシダー
  • イエローシダーNEWアイコン
  • イペ
  • アマゾンジャラ
  • サザンイエローパイン
  • イタウバNEWアイコン
  • SPF&ホワイトウッド
  • SPF(ACQ防腐剤注入材)
  • ホワイトオークNEWアイコン
  • ウリン
  • 枕木
  • 在庫処分販売品
  • 塗料
  • ビス・キリ
  • ジョイントパーツ
  • 沓石・基礎アイテム
材種紹介
商品情報
ページガイド
ウッドデッキ専門店トップページ » DIYサポート » 材種紹介 » ウエスタンレッドシダー

DIYサポート

材種紹介:ウエスタンレッドシダー

イメージ

ヒノキ科。スギと呼ばれるがヒノキ科の木材。
特有の芳香がある。国内では現在、デッキ材として絶大な人気を誇る。

一般名 ウエスタンレッドシダー(気乾比重 0.37)
その他名称 米スギ
黄褐色~褐色
用途 外装建築材、屋根材、外壁材、デッキ材など
樹種特性
比重 0.37 曲げ強度 550
ヤング係数 80 圧縮強度 310
せん断力 60 耐用年数 20年以上
施工性 非常に良好 施工注意点 特になし
屋外耐久性 非常に良好

ウエスタンレッドシダー材ってどんな木?

カナダ西海岸・ブリテッシュコロンビア州を中心に生息するこの木は学術的に「ヒノキ科ネズコ属」に分類されます。「ヒノキチオール」という成分が心地よい香りを漂わせます。耐久性は針葉樹の中で最も高く、天然の殺菌力、防虫力を持ち合わせています。また極めて収縮率が低く、反りや曲がり、割れなどが生じにくい木材です。

ウエスタンレッドシダー材はどんなところに使われているの?

重量が軽く、耐久性が高いことから北米では高級屋根・外壁材として多用されています。太古よりトーテムポールやカヌーなどもウエスタンレッドシダーが用いられております。抗菌作用と木材の安定性から、シューツリー(革靴の保管等に使う木製靴型)の材料としても有名です。デッキ材としても世界的に非常にポピュラーであり、国内ではDIY用デッキ材としてはダントツの人気を博していることは周知の事実です。

ウエスタンレッドシダー材の人気の秘訣は?

近年ウエスタンレッドシダーが、エクステリア用材としてここまで周知された大きな理由に、耐久性・加工性・安定性・価格帯がともに優れているバランスの良さが上げられます。カットや・ビス打ちも容易で下穴加工の必要がないため、初めての方でも簡単に安全に加工できます。木材選びは、完成までの第一歩です。自分のレベルに合った材料選びを心がけましょう。

ウエスタンレッドシダー材を使う際に気をつけるべき点は?

「初めての方でも簡単に安全に加工できます」のキャッチコピーの通り、デッキ材としては最も加工性の良い木材と言えます。 しかし油断することなく安全な加工を心がけてください。 また、木の削りカスが粘膜を刺激することがありますので、切削時はマスクなどを着用すると良いでしょう。
とても稀ではございますがレッドシダーを屋内へ使用した場合、ヒノキチオールによるアレルギー反応が起こる場合があるようです。

お届けするウエスタンレッドシダー材は、それぞれ1本1本、色にバラツキがございます。 これは木材の特徴でもあり、統一する事は出来ませんのでご了承ください。 色の濃淡により品質が大きく異なることはございません。

無塗装で15年を経過するウエスタンレッドシダー製のウッドデッキ
無塗装で15年経過

使用環境により耐久性はそれぞれ変化しますが撮影場所は特に環境のよい場所ではなく、むしろ雨の多い条件下です。15年が経過するのにもかかわらず、ひどい腐れ等はまだなく、これからも長く使える状態です。ウエスタンレッドシダーの耐久性を再確認できます。

ウエスタンレッドシダーには、オールドグロース材とセカンドグロース材がございます。 オールドグロース(Old Growth)材とは、植林ではない天然育ちの大径木から製材されております。年輪幅が細かく、赤みを帯び美しい表情を湛え、ヒノキチオールの芳香を強く発し、安らぎを与えます。

セカンドグロース(Second Growth)材とは、環境保護の一環として、植林・育成・伐採のサイクルがカナダ政府によってコントロールされている木材です。小~中径木であり、年輪幅がやや大きく、色も薄肌色であり、パイン材によく似た外観です。国内ではこちらが主流に出回っております。

オールドグロースとセカンドグロースの間には、大きな耐久性の差はないといわれておりますが、公共事業や大建造物には、オールドグロース材が主に使用されております。
ウエスタンレッドシダーの詳細については、COFI (カナダ林産業審議会)のページをご覧ください。

Loading
会員メニュー

ログインはこちら

  • HOW TO DIY お助け動画
  • ブログ
  • facebook
  • パンフレットダウンロード
  • 皆様からいただくご質問をわかりやすく掲載しています
  • 現金決済がお得 さらに2%OFF
  • 「木材も施工技術も責任品質」関東エリアのウッドデッキ・ウッドフェンス 施工承ります!
  • ウッドフェンス 施工例&参考価格大特集
  • 新規会員登録
DIYサポート
  • 簡単に作れる方法をイラスト付きでご紹介「いろいろDIY作り方」
  • 木材とサイズで概算費用をチェック「費用について」
  • 図面と必要な材料をご紹介「図面ダウンロード」
  • レンタル工具

ページの先頭へ