直行便情報

9月25日(金) - 神奈川便

9月25日(金) - 東京便

9月25日(金) - 山梨便

只今
ご注文&ご決済 頂きますと

09月23日(水)
出荷可能です

※商品や状況により異なります

日本地図
出荷後、到着までの目安
関東1~2日
九州・北海道・東北4~5日後到着
その他2~3日後到着

個人邸
長さ2200mm以上含む場合+2日

ウッドデッキ材カテゴリー

DIY
木工作用木材カテゴリー

用途別カテゴリー

ページガイド
ウッドデッキ専門店トップページ » DIYサポート » いろいろDIY作り方 » 工具使用時の注意点

DIYサポート

工具使用時の注意点

電動マルノコの使用注意点

イメージ
イメージ
イメージ

マルノコは便利な代表的DIYツールですが、最も危険が多い工具といえます。
使用前に必ず仕様書をよく読み「正しい使い方」、「刃物の取り付け方」を心得ましょう。

回転する電動工具や機械を使用する場合は、軍手は手から外しましょう。誤って機械に巻き込まれ、事故のもととなるおそれがあるからです。服装にも注意しましょう。

取り付け刃物(チップソー)は新しいもの、又は研磨済みのものを使用しましょう。切れが悪い刃物は正しい方法で使用していても危険が高まります。
木材をカットする際は、必ず安定した状態にしましょう。切断する木材がグラグラした状態ですとマルノコが思わぬ動作を引き起こします。

意外と知られていない非常に危険な行為として、左図で、「正しい切断方法」 と「誤った切断方法」を紹介していますが、違いがおわかりでしょうか?

切断する木材を置いている木片の位置に注目してください。
「正しい切断方法」では、切断された木端が右側に落ちるよう、右側が浮いています。
「誤った切断方法」では、切断箇所が2つの木片の間となっています。

「誤った切断方法」では、木材が切断される瞬間に、木材の逃げ場がなく、木材自体が回転している刃物をVの字に締め付けてしまいます。勢いよく強い力で回転している刃物を木材が急激に締め付けますと、マルノコが反動で振られます。

刃物は手前から外に向かって回転しているので、振られたマルノコは自分の方へ勢いよく飛び出してきます。このとき、自分の足を誤って切ってしまうような事故が多発しています。また変則的な使用も、事故のもととなります。安全な作業と環境を常に意識し、DIYライフを楽しみましょう。

インパクトドライバーの使用注意点

イメージ
イメージ
イメージ

インパクトドライバーは危険も少なく比較的簡単に扱える工具ですが、下記の点に注意して作業してください。

木材に添える手は、打ち込み箇所から15cm以上は離しましょう。インパクトドライバーとコーススレッド(スクリュービス)の接点は、振動やインパクトドライバーの角度のブレにより、突然外れることがあります。打ち込み箇所と添え手が近いとこの瞬間に手を刺してしまうことがあります。十分お気をつけください。

また、コーススレッドを打ち込む際、木の堅い部分(節など)があると、コーススレッドが入って行かず、手に強い振動を感じることがあります。この場合は無理して押し込まず、「一度逆回転にして、コーススレッドを一度ゆるめ再度打ち込む」といった工程を繰り返すか、「コーススレッドを抜き取り下穴をあける」など、工夫してください。

もしコーススレッドが、「入りもせず、抜くこともできない状態」に陥ってしまった場合は、苦肉の策としてコーススレッドを折ってしまいましょう。ハンマーで左右から数回叩けば根本から綺麗に簡単に折れます。場所をずらし、新しくコーススレッドを打ち込みましょう。

下穴(コーススレッドを打ち込む前にあける穴)のあけ方

イメージ
イメージ
イメージ

ハードウッドと呼ばれる材料は、下穴なしでコーススレッドを打ち込むことはできません。下穴をあける場合、通常「コーススレッドのスクリュー部分のために1工程」、「ラッパ部分のためにもう1工程」と、合計2つの工具と2回の工程が必要になります。

しかし、木工ランドが販売する皿取りキリを使いますと1つの工具で1工程で済ませることができます。

ここでは皿取りキリを用いた下穴加工のコツと注意点を説明いたします。

堅い木材に下穴をあける場合、キリにも大きな負荷が掛かります。急いで強引に押し込みますとキリは熱を持ち、上のイラストのように煙が出ます。これはキリが折れる寸前の現象です。

キリが折れる原因は、「上記で説明した熱」と「削りカスの目詰まり」によるものです。下穴加工は、慌てて一度にあけようとせず、何度も抜き差しし、削りカスを出しながら行うとともに、定期的にキリの溝にまきついた削りカスを取り除きながら進めてください。

この時、キリは非常に熱くなっております。キリの清掃は火傷や怪我をしないよう軍手をして行いましょう。

皿取りキリは、ゆっくり気を付けて加工していても、折れてしまうことがあります。キリが折れてしまうと作業は中断を余儀なくされてしまいます。作業を行う際は、予備のキリ(内キリ・スペア)を用意しておきましょう。