直行便情報

03月05日(金) - 東京便

03月05日(金) - 神奈川便

03月06日(土) - 埼玉便

03月06日(土) - 東京便

03月06日(土) - 神奈川便

03月12日(金) - 埼玉便

03月12日(金) - 山梨便

03月13日(土) - 東京便

03月13日(土) - 神奈川便

只今
ご注文&ご決済 頂きますと

個人様:03月05日(金)
法人様:03月05日(金)

出荷可能です

※商品や状況により異なります

日本地図
出荷後、到着までの目安
関東1~2日
九州・北海道・東北4~5日後到着
その他2~3日後到着

個人邸
長さ2200mm以上含む場合+2日

ウッドデッキ材カテゴリー

ソフトウッド(針葉樹)

ハードウッド(広葉樹)

人工木材

DIY
木工作用木材カテゴリー

用途別カテゴリー

ページガイド
ウッドデッキ専門店トップページ » ブログ » 木工ランド安藤の自宅DIY第一弾『WRC横張り外構フェンス』完成

木工ランド安藤の自宅DIY第一弾『WRC横張り外構フェンス』完成

1

木工ランドの安藤です。

私の自宅DIY第一弾『WRC横張り外構フェンス』完成しました。

前回は、笠木作成まで行ったのですが、横張~仕上げまで完了しました。
今回は一人での作業となりましたので、前回ご紹介しました『クランプ』が大活躍しました!
3枚目の写真のように横張を貼る際、一人だと、板と板との
クリアランス(隙間)をとりながら取り付けるのは、大変です。

3
この時にクランプの登場です!

写真のように、木端で作った治具(クリアランス用のあて木)を横張を貼る手前の柱と
奥の柱2箇所にクランプで仮止めし、バランス調整をして、横張を柱に、本止めします。
天然木を使用しますので、一枚一枚、木材の表情、反り、曲り等違います。
横張を貼る時に、どの板を何処に貼るのか考えながら作業をしましょう。
歩留りの原因にもなりますので、横張の選択は重要です。
ちなみに私は、塗装時に横張の選択を行い、横張の裏に番号付けをして順番に貼りました。
反り、曲りのきつい物は、あまり人目につかない部分に使用しました。
WRCの場合、ほとんどの反り、曲りは、ほぼ矯正出来ますので、作業性抜群です!
横張板間のクリアランスは、30mm取りましたので、程よい目隠し、風抜けになってます。

4

クリアランスは、お好みになってきますので、一概に何ミリ空けとはありませんが、
強風対策として、風が抜ける程度は空けた方が良いでしょう。
地面と一番下段の横張との高さは、雨時の泥はねを考え300mm以上空けると良いでしょう。
私は、家族の要望で、下段にあと二列横張を追加する予定です。
(全て作業が完了してから頼まれた為)
横張を貼り終えましたら、基準の柱の水平、垂直を測り問題なければ完成です。
最後に清掃を兼ね、ステンプルーフにて再塗装し完成です。

2

外構フェンス概要
全長33m
仕上がり高さ1.7m
柱間スパン1.5m

作業日数 3日(塗装1日 組立2日 枠組み時大人2人)

木工ランド使用材料
横張材 WRC 1×6 10F 60枚(予備材含む)
フェンス柱WRC 4×4 6F 22本
笠木WRC 2×6 10F 11枚
ステンプルーフウォールナットブラウン色 4リットル缶2個
ステンレスコーススレッド45mm 1箱(380本入り)
木材、サイドアイテム
トータル商品価格 税込 ¥224,200 (送料含まず)
上記の材料発送時の場合の送料¥17,180

ホームセンター使用材料
基礎用金具22個
¥1,500×22 税込¥33,000

資材合計 税込¥257,200- (2015,8月時点の価格、送料含まず)

材料と時間以外は、やる気があれば何も掛かりません!

是非、DIYで挑戦してみて下さい。

他にも色々な作成方法等、ご紹介してますので、木工ランド
ホームページを是非、ご覧下さい。

下記URLよりご覧になれますのでよろしくお願いします。
https://mland.gr.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加